爪切り

「道具だけはケチってはいけない。」

と助言をもらったことがある。

それでも、
ダイソーの百均でつい買ってしまう。
それなりに使えるけど、
あじけないというか
やっぱりすぐ壊れる。

金槌の反対側にある釘抜が、

折れたっ! 鋳造品が割れるなんて、、、

仕事用の道具ならなおさら、
大工さんなら金槌やノコギリのスゴイの見たことあります(使い込まれた手垢感が逆に美しい)
板金屋さんならスパナとかスナップオンとか使てほしい。

一般人の道具といえば、
包丁とかハサミとか。

忘れちゃいけないのが、

爪切り

良いのがあるのですね。
教えていただきました。

これです、貝印の関孫六(KAI かんまごろく)

関孫六 プレミアム爪切り タイプ101 HC-3500

新品価格
¥1,940から
(2017/12/22 01:17時点)

「使ったらええのわかるでぇ~」と。しかも
「これを買ったら、わいのおすすめ絶対気に入る」とまで言い切った。

どんだけいいんだろう。

使いやすいのか?切れ味が秀逸なのか?

価格とモノの質感?

高くないので、

買ってみればいいわけですね