過労 心労 馬鹿や労(ろう)

疲労困憊とはまさに今

この年になると仕事をこなすのは、結構たやすい。
経験もあるし人脈もあるしそれなりの度胸も(鈍感さ)も備えている。

別にのし上がろうなんて思っていなければ、平々凡々にサラリーマンをやっていける
はず はずでした。

”ええ歳こいて(関西風)”がんばりすぎているわけです 過労
”ええ年こいて(関西風)”上にも下にも気を使いすぎ 心労

八方美人でうまく肩透かしができた30代が懐かしい。
八方美人ってあまりいい意味ではないけれど、仕事はうまくいくんですw

なぜか、年追うごとにできなくなる。
萎縮していく自分に歯向かっているようなもので、

やめときゃいいのに、お上の方に苦言・発言をしてしまう。
かっぱえびせん かおまえはっ!

やめられない 止まらない♪

馬鹿や労!(バカヤロー)と言ってしまったが、後の祭り
やっちまった(‘Д’)

左遷が怖くてサラリーマンやってられっか!(やってやれるか)
を地で行くタイプ

何もしなくても明日は来る
何か仕手でかしても日はのぼり

結局、仕事(モノ)に集中できたら、会社業績ってもの凄くあがると強く思う。
結局、仕事以外(人間関係)で無駄な時間と労力を使い、足の引っ張り合いで業績が落ちている気がする。

とにもかくにも、参った